<   2005年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

第七官界彷徨

彷徨というのはさまようことなんだ。

六本木の交差点。1983年2月
アマンドと防衛庁の位置をよく確かめて
高速道路に沿ったゆるい坂道を下る。
よかった、目じるしの四川飯店がある。
今日は間違えなかったぞ。
ちょっと先の右側が自由劇場。

第七官界彷徨(だいななかんかいほうこう)という
言葉の小気味良さにちょっと行ってみようと思った。
尾崎翠も第七官界もなにもしらない。
演出:串田和美 「第七官界彷徨」自由劇場
帰りに原作の本を買って、それからは本の中をさまよう。

c0065761_23465374.jpg「第七官界彷徨」(作 尾崎翠 創樹社)

「よほど遠い過去のこと
秋から冬にかけての短い期間を
私は、変な家庭の一員としてすごした。
そしてそのあいだに
私はひとつの恋をしたようである」

一助、二助、三五郎の住む家。
女中部屋の住人ちぢれ毛の町子には
こんなこころざしがある。

「私はひとつ、人間の第七官にひびくような詩を書いてやりましょう」

蘚の恋情、あんこを煮る鍋、コミックオペラ、
くせ毛直しのびなんかずら、そして分裂心理学・・・
ページを繰るたび、言葉の胞子がはじけ、
尾崎翠の世界は読者を培地にして発育する。

彷徨しながらの七ならべも楽しめる。
一助、二助、三五郎。六の秘密は読んでから。
四を誰かが留めているから。

尾崎翠
画像は「尾崎翠全集」(創樹社)です
[PR]
by mironobonus | 2005-04-29 23:47 | 読書の時間

中庸の美

テレビをつける。お茶をいれる。
「東京ばな奈」の箱を開ける。

「『東京ばな奈が
  和菓子になりました』だって」c0065761_2152258.jpg

「和菓子っていうより、洋菓子だよね」
「これで和菓子って言ったら
 薯蕷(じょうよ)まんじゅうから
 絶対クレームくるよ」
「歴史を改ざんしてるって
 いわれるかもしれない」

中庸は老子の思想に対抗して
書かれた書物だということだが
中庸の美という言葉には、
老子の「無為自然」の雰囲気が漂っている。
テレビを見ながら「東京ばな奈」を食べるときのような
なにげなく、どちらでもなく、さりげなく、愛らしい。
中庸の時間は「東京ばな奈」の時間。

「御馳走さまでした。。。。もうひとつ食べるかな」

東京ばな奈

[PR]
by mironobonus | 2005-04-26 21:55 | お茶とお菓子

腰巻おぼろ 妖鯨篇

上野不忍池、水上音楽堂、状況劇場の赤テント。
テントの中の観客もテントの赤に染まっている。
黄色い電球からランダムに飛び出す長い光の針。

はじめて歌舞伎を見に来たように
隣の客の肩に押されて居場所を失っていたのに
あぶらあげの上着を着た唐十郎が
箪笥(たんす)の引き出しの上で
根津甚八と立ち回りをはじめると
自分ももうすっかり馴染みの客になっている。

破里夫さんは抹香鯨を追ってc0065761_1251865.gif
海に飲み込まれた男、小林薫。
片足にロープをからませたまま
今も銛(もり)を突き立てた鯨と共に海にいる。
李麗仙は腰巻おぼろ。
船の舳先で抹香めがけ銛を構え
愛の幻影を追っかける。
「あんたは刃刺しだ! 刃刺しの伯爵夫人だ!」
舞台奥、不忍池の水中から水しぶきをあげて
現れる巨大な抹香鯨の尾。

ずっと後になってから
劇場の暗い空間は胎内であり
観客はいちいち生まれ変わるのではないかという
考えに至った。
思い返してみれば
たしかにその赤いテントを出たとき
私は恵那を破り、新しい自分のストーリーを持って
生まれなおした気がする。

そのときのへその緒がこの本
唐十郎「腰巻おぼろ 妖鯨篇」角川書店
装丁 篠原勝之
[PR]
by mironobonus | 2005-04-24 01:27 | 読書の時間

賢者の贈り物

お客が3人来るというのでc0065761_21552582.jpg
イチゴのパイを作った。
冷凍のパイ皮でケースを作り、
カスタードクリームとイチゴを入れる。

だいじに飲んでいた
FORTNUM & MASON のアールグレイは
昨日なくなったばかりである。

できあがった14個のパイと
放っておいてもいい客をそのままにして
「ちょっとおつかいにいってくるから」
と、アメ横まで買い物に出た。
いつも行く食料品店に直行すると
ほんのちょっと期限の切れたFAUCHONのバニラティーを
1缶300円で売っている。
「今日は、これだな」

帰ると、客はまだ話に夢中になっている。
3つも買ったバニラティーの缶を
袋ごとテーブルの上にどさっと置く。
・・・アールグレイがなくて残念だったけど
FORTNUM & MASON のアールグレイを
いつも半額で手に入れようというのは無理だし、
普通なら1300円のFAUCHONのバニラティーが
300円なのだから・・・

。。。パイの皿がない。
客の前にもない。
別の紅茶を飲んだらしい3つのティーカップとポット、
そして大きなパイの皿が
沈没寸前のタイタニック号のように
流しの中で傾いている。

パイはまた、作ればいい。
紅茶もまたいつか飲めばいい。
客もまた、来るだろう。

クリスマスに時計を売って、プレゼントの櫛を買ったジムや
長い髪を売って、ジムの時計のクサリを買ったデラに比べれば
全然たいしたことのない話である。

夕刻になって3人の賢者は帰っていった。
玄関先でも楽しそうに笑って、靴を履く間もふざけている。
「うまかったねー」
その言葉が3人の賢者の贈り物。

賢者の贈り物
[PR]
by mironobonus | 2005-04-16 21:42 | お茶とお菓子

君が代

古今和歌集 巻七 詠み人しらずの歌であるという。
君はもともと、あなた、という意味であり、
天皇を指すものではない。
天皇をたたえるものとして利用され、
その反対の立場の人たちには毛嫌いされ、
偶像にされ、危険視され、思想的背景を背負わされ、
不必要な声量で歌われ、あるいは歌うのを拒絶される。

辛気くさい歌だと思っていたが、
今になって、好きになった。
音階もデリケートで、言葉の世界は静寂。
いろいろなものが染みこんでいる歌からは
いくつもの時間が動き出す。

きみがよは ちよにやちよに 
さざれいしの いわをとなりて こけのむすまで

あなたのいる世界
ずっとしずかに続いていきますように
そういう気持ちで歌いたい。
[PR]
by mironobonus | 2005-04-15 00:21 | music

iBook 12-inch Cake

Powder 200Gc0065761_2228997.gif
EG G4:
LANOU+LAN Pak @ BOWL 200G
Butter 200G Without SALT
Butter CakeをMacintoshに改造。




c0065761_22282749.gifキャトルカールという
粉と玉子とバターと砂糖が同じ分量の
4/4という名前のケーキ。
ややこしい分量をおぼえることもなく、
誰にでも簡単にできる。
気楽に作れてしかもおいしい。
生クリームを塗ったあと
MacOS 10.5 Suger。

c0065761_2228433.gif
OSXになってから
Macは誕生日を祝ってくれないけれども
あいかわらず誕生日はMacで楽しめる。

c0065761_2022753.jpg参照:パーティションを切ったところ
[PR]
by mironobonus | 2005-04-10 22:29 | お茶とお菓子

お花見だんご

花より団子、と言う。c0065761_216104.jpg
天神下のつる瀬で
お花見団子を買ってきた。
つぶのしっかりした道明寺粉に
ほんのすこし餡が入って
桜と蓬(よもぎ)の道明寺を
思う存分味わえる。

ちょっと前までは
白梅だ梅まつりだ、と騒いでいたのが、
湯島天神下までも今ではすっかり
桜に取って代わられている。
梅がもし人間ならば
いくら決まり事とは言えあんまりよ、
とすねてしまうかもしれない。
やはり花というものは
そのあたり人間ができている。
[PR]
by mironobonus | 2005-04-04 21:12 | お茶とお菓子