<   2005年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

駒形どぜう

夏はやっぱりどぜうがいい。
暑かった日の夕暮れに
店を出たら暗くなっているだろうという頃に
駒形どぜうに行くのがいい。

順番を待つ人たちが大勢いたはずなのにc0065761_20585581.jpg
店の人の采配は気味よく すばやく
店の前に床几に座ったかと思う間に
じき名前を呼ばれ案内される。
桟敷でも、二階でも、
駒形どぜうの気持ちは変わらない。

丸鍋という骨ごとのどぜうの鍋
平たい鉄鍋の割り下の中に
どぜうが並んでいる
鍋一枚目を持って来て火にかけ
おねいさんは
はっきりした若い声で言う。
「召し上がり方はご存じですか?」
刻んだネギはどぜうが見えないほど山盛りに
ネギがしんなりしたらいただく
七味、山椒の用意はあるが、
最初はそのまま、のちに七味だったり
山椒だったりして、
煮詰まったら割り下を足しながら食べる。
どちらさまもおねいさんの説明を
すこし自分流に変えて食べている

「通」ぶって牛蒡(ごぼう)を頼むと
細かいささがきの牛蒡が
赤いお椀に入ってくるから
それを二枚目の鍋が来たら
空の鍋の底に上手に広げて敷く
どぜう鍋のおかわりを持ってきたおねいさんは
ちょっと気を引き締めながら
並んだどぜうをいっぺんに
牛蒡の上にさっと移す

駒形どぜうの美しさはc0065761_2041140.jpg
どぜう鍋のおかわりを持って
立ち働いている
おねいさんたちの姿にある

自分の目前の鍋が空になったら
おねいさんの動きを見よ
空の鍋を見つけると
遅れてはならないという気持ちで
さっと帳場に飛び込み
どぜうが並んだ鉄の平たい鍋を持って飛んでくる。
そして客の空の鍋の横に
牛蒡のお椀を見つけたりすれば
鍋を持ったまま、凛(りん)とした声で、
もうどうしてもそうしてもらわないと困る、
という意志を持って、
「牛蒡を下に敷いてください」と言う。

背後の席から
「玉(ぎょく)ひとつ」と
本当の常連の声がかかる。
長く駒形どぜうに通った客の低く曇った深い声と
もうもうずっと昔からある店構えの古さに対比して
「どぜう汁です。ネギと七味でお召し上がりください」
と言う若くて張りのある声は
ちょうど褐色の割り下に浸かったどぜうにかぶさっている
まだ青々とした刻みネギのように
駒形どぜうには
なくてはならないものになっている
[PR]
by mironobonus | 2005-06-23 20:38 | 食材とお料理

Up Up And Away  The 5th dimension

  1ドルがまだ、360円だったころ。
  日曜日の朝は「兼高かおる世界の旅」
 
 兼高かおる「ここは、村の人たち専用の市場ですの。そうなんですのよ。
       こちらではみなさん、こうやっていらっしゃるの。
       お花をね、髪飾りに挿していますのよ。ほほほほほ。
       ですからね、私もちょっとマネをしてみましたのよ」
 芥川隆行 「ほほう、なかなか似合いますよ、兼高さん。
       馬子にもなんとかと言いますからね」
 兼高かおる「あらまあ、お言葉ですわね。おほほほほ…」


  兼高かおるさんの c0065761_23363425.jpg
  やわらかく上品な口調が
  世界を語ってくれたおかげで
  私は世界が大好きになった!
  兼高かおるさんのショルダーバッグ
  ストラップは短め!
  今も自分の身体に習慣として残る
  テレビの中の兼高のモード。


              番組のスポンサーは航空会社
              Pan American Airline
              イラクを攻撃するアメリカは大嫌いでも
              Pan American AirlineのCM song
              Up Up And Awayは懐かしむ。

                     さて、新しい旅にでよう。
                     矛盾だらけのココロを持って
                     もうなくなってしまった
                     エアラインのショルダーを
                     好きだったアメリカの
                     形見のように抱えて。

     ♪Up Up And Away, In my beautiful, my beutiful baloon!



              The 5th dimensionのベスト盤
              Up Up And Awayよりもっとすてきな曲発見。
              やっぱり上には上がある。Up Up And Away ♪
      ※上の番組のセリフは当時を思い出して再現したものです。実際のものではありません
  
[PR]
by mironobonus | 2005-06-13 23:20 | music